FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民訴の論点まとめ8

たびたびのこんばんわですっ。クッソねむいpiroです ww

最後の気力を振り絞って、民訴の論点を確認していましたっ

今日の論点はみんな確実に押さえてくるところですね。


● 当事者確定の基準 ●

問 本件訴訟における被告はだれか。
  当事者確定に基準が問題となる。

論証の流れ
【そもそも】当事者は訴訟の当初から問題になるた
      め、訴え提起後直ちに、かつ、明確に確
      定されなければならない。
【そして】①訴え提起直後は訴状しかなく
     ②訴状の記載が最も明確
【したがって】当事者の確定は、訴状の記載によるべ
       きであると解する。
【ただ】具体的妥当性を図る必要性があることから、
    規範と解する。

規範
 訴状の当事者欄の記載のみならず、請求の趣旨・原
 因など一切の訴状の表示を合理的に解釈して当事者
 を確定するべき。

注 「訴状の記載が最も明確」「具体的妥当性を図る
  必要性」という価値判断が、「べきと解する」と
  いう物言いを導く。


もしよろしければ、ランキングボタンのクリックをお願いいたします。
皆様には何のメリットもありません。ごめんなさい。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。