FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参考書のはなし。

この週末は、朝から晩までひたすら答案構成をしていて、
ブログを更新できませんでした 汗。
文字を書くのって本当に疲れますよね 笑
でも、ipadで模範六法をひきまっているせいか、
新司法試験を引くのが凄く楽になっていてびっくりしました。
逆に引くスピード落ちてるかななんて心配してたのですが。

ところで、みなさんはどの参考書つかってますかねー。

人が使ってる参考書をみると、その人の勉強に対する
姿勢、学習テクニックなんかが色々と見えてきますよね。

ということで、piroの使用してる参考書を挙げて、
piroがどんな人間かを暴露したいと思います 笑

この記事はアフェリエイトも兼ています www
この記事のリンク先からお買い物いただけるとピロは
売り上げ代金の数パーセントの受益者となります 苦笑。
ご協力お願い致します 笑

という前置きがありまして、piroが民法で使用している
参考書はこちら。
①全体のフレーム、民法各分野の関連性の把握。
 短時間での記憶の喚起、必要知識の一元化。等が使用目的です。
 特に、「合格者の視点」は絶品です。基本書を何周かして
 やっとつかめるような事柄が書かれています。
 楽して掴んだものが本当に身に付いてるのかという
 批判もあるかと思いますが。


②択一六法を何周もすると、挙げてある判例とその規範の中で、
 漠然かつ不明確でかゆくなる判例がありますよね。
 それを読まずに我慢して、イライラしながら択一六法を
 繰り返して、極限まで来たときに、100選をみると、
 すごく感動します 笑
 100選の判例っていつのまにか押さえてますよね。



③訴訟物をより意識とした答案構成をするための参考書と演習書




山島先生の本はバランスがかなりいいですね。科目の構造と三段論法という法律の持つ特性から
ある程度必然的に導かれる答案の構造の解説、あとはきちんと評価した上で当てはめる事という当たり前では
あるけれど、難しい部分を解説してくれています。

④論文、短答の過去問類
これは特に大切ですよね。特に合格答案を分析した上でどういう答案が評価されうるのか、
そこを探るのは何より大切な作業です。




実は、piro。今年は4月に事故にあい、司法試験を受験できなかったのですが、
昨年は受験してまして、短答は200番台、総合2200番台で落ちました。
なので、短答には少し自信あります。
短答は過去問を通して反射神経を鍛える、電話が鳴る前に電話に出るみたいな感覚が
大事な気がします。piroは本当にスペ低いので、piroに出せた順位は、多くの受験生が
簡単に出せると思います。5流大学出のくされニートン受験生の戯言なのですが 苦笑。

piroが使ってる民法の参考書はこんなところですね。
説明系の本はできるだけ少なく、演習書を多くこなすようにしています。
みなさんはどんな参考書をつかわれてますかね。
色々とご意見を聴かせていただけたらうれしいです!
書き込みまってまーーーーーすっ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。