FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ipadで短答を攻める方法 その2

その2とういうことで、
具体的な作業を書いて行きたいと思います。

1 短答過去問を用意する。



piroはこのシリーズを使っています。
解答の量の多さや、記述の形式からこれを選んでいます。
特に、誤答の解説の記述方法は重要です。
ていーるさんの方法を実践する上では。
ここでは、誤答の解説の記述方法がなぜ重要かは
省かせていただきます。

2 裁断する

裁断の方法は2種類あります。
自分でやるか、業者に任せるか。

piroの友人は、

を購入して自分で裁断している人が多いです。
ただ、この機械、場所をとります。
また、一度で裁断できる厚さが1センチちょいです。
ですから、その大きさになるように自分である程度、本を
分割しなくてはなりません。

ですので、piroは渋谷のキンコーズで裁断して
もらっています。1センチあたり100円です。
ただ、キンコーズで裁断してもらう場合には
注意点があります。
かならず「裁断漏れがないようにギリギリでなく
深めに裁断してください」と注文してください。
そうでないと、たまにくっついたページがあるという
悲劇が生まれます。こうなると読み取りの際に
事故がおきます。

3 裁断した本の読み取り

読み取りの機械は色々あるのですが、
ここはお金をけちらずに
富士通のscansnapを利用することを
オススメします。
大量の本が高速で読み取れます。



購入する際は、大手家電量販店などにこだわらずに
一番安いところで購入するのがおすすめです。
その上で富士通の提供している長期保証に5000円
支払って加入するのがいいです。

そして、読み取りの際の設定は、
 (1
) カラー読み取り  
    (白黒やグレー読み取りをすると
     切り取る際に文字がにじむ)
 (2) 継続読み取り有効
 (3) 自動補正、もじくっきり、
     自動向き補正といった
     オプション設定をすべて無効に
 (4) スーパーファイン
 で読み取る事をオススメします。

つぎに、具体的な編集方法の
例を書きたいと思います。

ランキングの応援をしてくださったら、
piro、嬉しいです。
もしよろしければ、ランキングポタンのクリックを
よろしくお願い致します。ブログ村のランキングボタンです。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。