FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民訴の論点まとめ10

こんばんわっ。
記念すべき10個目の論点ですwww

まずは、
この論点の前提として、

法人でない社団等の当事者能力(29条)
の趣旨の確認が必要となります。
みなさんはどう論述しますか。

piroは

29条の趣旨
素直にその団体を訴訟当事者として紛争解決
することが実際的であり手続も簡便で効果的
であるという点にある。

って感じですかね。

そして、
論点へいきます。
これは、文言解釈を全面にだせる論点
ですね。
趣旨書いて、趣旨が妥当。
論点の問題提起レベルで奇麗に
三段論法つくれます。

全体の流れは
【この点】反対説
【しかし】批判
【また】自説
【そこで】結論
です。
いちいち反対説とか紹介しないで
必要性の中に組み込むのもありですね。
【思うに】両者の区別が困難
【また】趣旨が妥当
【そこで】結論
でもいいですしね。


● 民法上の組合は「社団」(29条)に含まれるか ●

問 民法上の組合が「社団」(29条)に含まれるか
  が問題となる。

論証の流れ
 【この点】民法上の組合は、「社団」(29条)に
 含まれず、組合員全員が当事者となるとする見解が
 ある。
 【しかし】両者の区別は困難である。
 【また】29条の趣旨 【そして】民法上の組合
 は、弱いながらも団体性を有し、独立に存在する財
 産を基盤として活動しているところ、29条の趣旨
 が妥当する。
 【そこで】民法上の組合は「社団」(29条)に含
 まれるものと解する。


もしよろしければ、本日も
ランキングの応援をぽちりとお願い致します
piroは海老マヨのおにぎりが大好きです
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。