FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特許法の論点まとめ3

ランキングの応援、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村


 みなさん、こんばんは^^

 今日もまた特許法の論点です。

 今度の論点は、やや出そうな気がしますね。。。


● 職務該当性 ●

問 【従業者の職務及び発明を認定】。
  このような状況下で、従業者の発明が
  「職務に属する」(特許法(以下、法)35条1項)といえるか。
  「職務に属する」(法35条1項)の意義が問題となる。

 【思うに】
  職務発明制度の趣旨は、使用者と従業者の利益調整を図ること。
  とすると、使用者が発明に必要な環境を提供している場合には、
  職務発明と認めてよい。

 【したがって】
  「職務に属する」とは、
  その従業者の本来の職務内容から客観的に見て、
  その従業者がそのような発明を試みそれを完成するよう
  努力することが使用者との関係で一般的に予定され期待されており、
  かつ、その発明の完成を容易にするため、使用者が従業者に
  対し便宜を供与しその研究開発を援助するなど、
  使用者が発明完成に寄与している場合を含む。

ランキングの応援、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。